1 2 3

現在地

新聞・雑誌

0 コメント

川崎市生涯学習財団の生涯学習情報誌「Stage Up」で紹介

川崎市生涯学習財団の生涯学習情報誌「Stage Up」通巻196号 (2014年2月1日発行)生涯学習情報誌 Stage Up 通巻196号 2014年2月1日発行 (公益財団法人)川崎市生涯学習財団

シニアのパレット  ◇楽しくいきいきと… ~「腹話術の会★きずな」の取組から~

として記事紹介されました。 PDF版は川崎市生涯学習財団のホームページ >> ここから

 

朝日新聞に掲載

朝日新聞の55プラスで「腹話術の会★きずな」の腹話術教室やその活動が記事紹介されました。

朝日新聞デジタルでは以下の記事をオンラインで見れます。 見出しをクリック

 

東京新聞に掲載

2013年8月15日(木)、東京新聞の川崎版にて

「プロ腹話術師しろたにさん 反戦への思い未来へ」

川崎市中原区の平和市民館で8月22日に学習会を開催します。

活動やテーマに通底するのが「優しさ」です。その優しさと平和、その対極に置くのは戦争。

学習会では、反戦への思いを、平和への願いとして根付いた川崎市内の

文化活動を相棒のゴローちゃんと一緒に紹介します。

詳細は東京新聞社のホームページ >> ここから

 

神奈川新聞に掲載

2013年8月16日(金)、神奈川新聞のローカルニースにて

「日本が戦争をしなくなって68年になるんだよ」幸区在住のプロ腹話術師が平和の大切さ訴え/川

終戦の日、8月15日(木)にJR川崎駅前東口で、相棒のゴロ-ちゃんと一緒に集団的自衛権の容認に反対するビラを配りました。

腹話術で憲法9条を守る大切さを訴えました。

詳細は神奈川新聞社のホームページ、カナコロにて >> ここから

 

中高年女性向け月刊誌「清流」に掲載

2013年5月号「ヒューマンドキュメント」に掲載

笑いと勇気と優しさを 芝居と腹話術で みんなに届けたい!

 

長崎県で育った子どもの頃、就職により川崎に来て演劇活動を始めた頃、プロの腹話術師に追っかけ5年で弟子入りした頃、そして被災地復興支援で全国を回っている現在までのさまざま経験を語っています。

掲載誌を読みたい方は、清流出版株式会社のホームページからご連絡下さい。

5月号の紹介ページ  >> ここから  

もしくは、しろたにまもるまでお問合せ下さい >> ここから

 

毎日.jpに掲載

ほっとするニュース: 腹話術で被災地巡り しろたにさんと「ゴローちゃん」、30カ所に笑顔贈る

2012年03月14日に東日本大震災の被災地で慰問公演で掲載されました。 

詳しくは ここをクリック

 

川崎医療生協新聞「ゴローちゃんの旅日記」

神奈川県川崎市にある医療生協で毎月1回発行している新聞です。(2011年5月で連載終了)

 

2010年5月1日第525号 登戸研究所資料館編

旧日本軍の登戸研究所が資料館とて保存されることになり、4月7日の一般公開に、ゴローちゃんとしろたにまもるがオープニング式典に、川崎文化会議として参加しました。

ゴローちゃんの旅日記 連載38 >>ここをクリック

 

新聞のコピーが見たい方はお問い合せ下さい、ここをクリック!

 

長崎新聞

2012年3月15日に開催された「雲仙ふるさと大使、しろたにまもる&ゴロ-ちゃん」の腹話術公演の様子が紹介されております。 

nagasaki-np.co.jp/news/daisinsai/2012/03/16093253.shtml

 

東京新聞

福島や東北での被災地へ訪問して、腹話術をとおしてボランティア活動を積極的に行っている様子と、「腹話術の会★きずな」の平成24年発表会について、紹介されております。

tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20120307/CK2012030702000046.html

 

毎日新聞

腹話術で震災被災地を30カ所以上訪問し、笑いで元気になってもらえたらと思い、ボランティア活動を続けております。「笑いで悲しみに寄り添えたら」という精神で全国を巡っています。

人のつながりを大切して、自身が設立した腹話術のサークル「腹話術の会★きずな」メンバーと共に、笑いを届けるボランティア活動を続けております。

詳細は 次のサイトへ 

mainichi.jp/area/kanagawa/news/20120314ddlk14040230000c.html